##

社会現象を巻き起こした胸キュン必至のハートフル・ラブコメディ!

韓国ドラマ歴代視聴率No.1!※
百想芸術大賞他、多数受賞!
数々の記録を塗り替え、社会現象を巻き起こした超話題作!

※ケーブルテレビ

作品概要

アジア各国で社会現象を巻き起こした超話題作!

異例の大ヒットを記録した「ミセン-未生-」の視聴率をはるかに超え、ケーブルテレビでは異例の最高視聴率18.8%という史上最高視聴率を記録した超話題作。また、コンテンツパワー指数ランキング第1位、中国での再生回数が2億回を突破するなど、韓国のみならずアジア各国でも人気を博し、日本でも大旋風を巻き起こす!

パク・ボゴム、リュ・ジュンヨルなど 今をときめく若手実力派俳優たちが夢の競演!

本作は「応答せよ」シリーズの第3弾。若手スターの登竜門ドラマとしても有名で、第1作目「応答せよ1997」では、主演のソ・イングクが出演を機に人気ドラマに引っ張りだこのスター俳優にのし上がった。本作でもパク・ボゴムが、時代劇「雲が描いた月明り」の主演に抜擢、リュ・ジュンヨルも「運勢ロマンス」でヒロインの相手役を務めるなど、出演俳優たちの勢いが止まらない!

ヒロインと結婚するのは誰? 最後まで見逃せないラブコメディ!

ヘリ(Girl's Day)演じるドクソンの結婚相手は誰?と予想しながら綴られていくラブストーリー。タイプが異なる3人の男性とのロマンスが展開されていく中で、シリーズ恒例の“未来の旦那さま探し”がネット上で話題沸騰! 度々出てくる現代のドクソンが過去を振り返るシーンでも、恋の行方に想像が膨らむヒントが散りばめられており、見どころになっている。青春時代の淡い恋心から大人の恋愛、結婚までの道のりをコミカルに描きながらも、時に涙ありと観るものを惹きつける要素満載!ヘリの笑いを誘う体当たりの演技も必見!

家族の大切さを再確認できる、心温まるストーリー!

現代社会で希薄になりつつある人とのつながり、温かさをたっぷり描いた本作。家族同士、ご近所同士が助け合いながら生きていく姿に、幅広い世代の共感を獲得!リアリティーを追求し、その時代に流行したファッションや音楽など、日本の視聴者もなぜか懐かしく感じてしまうストーリー。人の心はいつでもアナログだということを気づかせてくれる名作!


★受賞歴一覧★
■百想芸術大賞 テレビ部門 男性新人演技賞(リュ・ジュンヨル)、テレビ部門 演出賞(シン・ウォンホ)
■ケーブルテレビ放送大賞 ドラマ部門大賞、ライジングスター賞(リュ・ジュンヨル、リュ・ヘヨン)、VOD賞
■2016放送通信委員会 放送大賞 最優秀賞
■2016 APAN STAR AWARDS 演出賞(シン・ウォンホ)、新人賞(ヘリ、パク・ボゴム)
■tvN10 AWARDS コンテンツ大賞、スペシャル演技賞(ソン・ドンイル)※「応答せよ」全シリーズ
コンテンツ本賞-ドラマ部門、tvNアジア賞(パク・ボゴム)、人気俳優賞(リュ・ジュンヨル、ヘリ)
シーン・スチーラー賞(ラ・ミラン、キム・ソンギュン)
■大韓民国国会大賞 ケーブルドラマ部門大賞
■第16回音楽風雲榜年度盛展(中国) 海外ベストアーティスト賞(パク・ボゴム)
■アジア アーティストアワード アジアスター賞(パク・ボゴム)、新人賞(リュ・ジュンヨル)

あらすじ

1988年、韓国で初めてオリンピックが開催されるこの年は、国中がお祭り気分で活気に溢れていた。学校の成績は999番、勉強よりもオシャレに興味津々の高校2年生ドクソン(ヘリ)は、両親と姉、弟の5人家族。姉ボラ(リュ・ヘヨン)とは犬猿の仲でささいなことですぐに取っ組み合いになるものの、勝つのはいつも、ボラだった。兄弟のように育った近所に住む幼なじみは、サッカー好きのジョンファン(リュ・ジュンヨル)、優等生のソヌ(コ・ギョンピョ)、そして天才囲碁棋士のテク(パク・ボゴム)。ある日、ドクソンは友人から「ソヌはいつもドクソンのことを見ている」と言われ、急にソヌのことを意識し始める。だがソヌが想いを寄せていたのは、ドクソンの姉ボラだった。それを知ったドクソンは一気に失恋。そんなドクソンの姿を見ていたジョンファンは、なぜかドクソンのことが気になっていた。さらにテクも、ドクソンのことが好きだと男性陣の前で宣言!そうとは知らずドクソンは、テクの食事の世話をするため囲碁の中国遠征に同行することに…。

あらすじ

第1回~第14回

第1回 オリンピックイヤー
ソウルオリンピックが開かれた1988年、双門洞のポンファン堂横町には5組の家族が暮らしていた。そこで育った幼なじみ、ドクソン、ジョンファン、ソヌ、テク、ドンリョンの5人は18歳という多感な時期を迎えていた。オリンピック開会式で選手団の先導役に選ばれたドクソンは、毎日行進の練習に明け暮れる。

第2回 手に手を取って
ポンファン堂横町に今日も3人の女房連中のおしゃべりが路地に響く中、オリンピック開幕の3日前、ドクソンは先導役として取材を受けることになる。すると、インタビュアーから先導するはずだった国のマダガスカルがオリンピック不参加を表明したことを聞かされ、ドクソンはショックを隠しきれなかった。

第3回 おばあちゃんの香り
田舎からドクソンの大好きな祖母がやってきた。来訪に心を弾ませるも束の間、とんぼ返りの祖母にがっかりするドクソン。同じ日、横町の5家族がキム家に集まり、天才棋士テクの優勝パーティーをすることに。子供たちはジョンファンの部屋でテクの誕生日の計画を立てる中、ドクソンはこっそりとある作戦を実行する。

第4回 作戦実行!
ドクソンは祖母の訃報を聞き、ボラに連れられて祖母の葬儀へ急いで向かう。母を亡くしたはずの父ドンイルが、明るく笑顔で弔問客に挨拶をしている姿にドクソンは納得がいかなかった。一方、ドンリョンの誘いでジョンファンとソヌは軍人になりすましセクシー映画を見に行くが、映画館でドンリョンの父に見つかってしまう。

第5回 初恋のときめき
学校の友人のひと言で、幼なじみの1人であるソヌを意識し始めるドクソン。ソヌが玄関の外から自分を呼ぶ声にもついときめいてしまう。そんな中、双門高校と双門女子高の修学旅行が近づき、ドクソンは隠し芸大会に出ることを決意。一生懸命ダンスを練習するが、いっこうに上達せず、ジョンファンにバカにされる。

第6回 一生に一度の修学旅行
隠し芸大会に一緒に出る友人がケガをして出場が危ぶまれるドクソン。しかしジョンファンから預けられていた酒をおとりに、ソヌとドンリョンも呼び出しドクソンのチームの替わりに大会へ出場してもらうことに成功する。優勝賞品のカセットプレーヤーがどうしても欲しいドクソンは、3人のダンスにすべてをかけることに…。

第7回 ~せずにはいられない
高2の秋、ドクソンは大学に入ることを家族の前で宣言。ソヌ、ジョンファン、ドンリョンともに受験モードに突入する。ジョンファンはドクソンに好意を寄せるが、面と向かって話すと、いつもつい憎まれ口をたたいてしまう。当のドクソンはソヌのことを思うあまり、そんなジョンファンの気持ちに気づかなかった。

第8回 慣れ親しんだ人たち
テクは囲碁の対局で格下の相手に惨敗してしまう。テクを気遣ってそっとしておこうとする横町の大人たちだったが、テクは立ち直るどころかますます落ち込むのだった。ある朝、通学バスに一緒に乗ったドクソンとジョンファン。大混雑する車内で、ジョンファンは身を挺してドクソンを守ろうとするのだった。

第9回 偉大なる母の存在
ある日、ジョンファンの家では母ミランが2日ほど家を留守にすることとなり、残された3人の男たちはここぞとばかりに家中を散らかし自由を満喫する。一方、ドクソンの家ではボラを除いた4人が食卓を囲んでいると、テレビのニュースからボラが学生運動に参加している姿が映し出され、一家は大騒ぎとなる。

第10回 親の心子知らず
ミランが今から帰って来ると連絡が入ると、ジョンファンたちは慌てて家中を片付け始める。自分が留守でも主人と子供たちが何不自由なく生活していたことがわかったミランは、落ち込んでしまう。ある日、ソヌの部屋を訪れたジョンファンは、机の上にドクソンの辞書を見つけ、ソヌの行動を怪しく思い始める。

第11回 テクの勝利を願って
クリスマスを前に、ドクソンはひそかにソヌから告白されることを期待する。その頃テクは、国の期待を一気に背負い、唯一の韓国代表として上海で行われる世界囲碁選手権に参加していた。そんな中、ドクソンとジョンファンたちはテクの部屋に集まり人気ラジオ番組を聞いていると、ジョンボンの投稿が採用され大喜びする。

第12回 初雪の日
ドクソンもラジオ番組にはがきを出してみることに。そのはがきを偶然目にしたジョンファンが、ドクソンとソヌが両思いであると察してしまう。勝利を掲げ帰国したテクの部屋に集まるドクソンたち。するとソヌが「2年間好きな人に告白できていない」とみんなに告げる。ドクソンは初雪の日に告白することをソヌに勧める。

第13回 クリスマスの贈り物
初雪の日、ソヌが訪ねてきて期待を膨らますドクソンだったが、ソヌの思いを知ったドクソンは傷つき、号泣する。クリスマスまで1週間という日、ジョンボンがみんなを集めて“贈り物ごっこ”をしようと提案する。パートナーがテクだと察したドクソンは、遠征先から電話をしてきたテクにピンクの手袋をねだるのだが…。

第14回 大切な君へ
クリスマスプレゼントに雪だるまが欲しいと言ったチンジュのために、横町の大人たちはある計画を立てる。そんなある日、ムソンは天才棋士の父としてマスコミの取材にうまく答えられず、自分のふがいなさに苦しんでいた。後日、その取材を記録したビデオを手渡されたテクは、映像の中の父の言葉を聞いて涙を流す。

キャスト&スタッフ

ヘリ[Girl’s Day]|ドクソン役

恋に憧れている、おしゃれ大好きな妄想女子。
がさつなところもあるが、元気いっぱいでみんなから好かれている。

他の出演作:
「ジキルとハイドに恋した私 ~Hyde, Jekyll, Me~」
「タンタラ~キミを感じてる」

パク・ボゴム|テク役

天才囲碁棋士で、学校には通っていない。
囲碁以外のことは何も出来ない。幼なじみたちに使い走りをさせられている。

他の出演作:
「雲が描いた月明り」
「君を憶えてる」

リュ・ジュンヨル|ジョンファン役

無愛想で、一見気難しそうに見えるが、心根は優しく友達思い。
ドクソンに冷たい態度をとっていたが…。

他の出演作:
「運勢ロマンス」
『グローリーデイ』

コ・ギョンピョ|ソヌ役

幼なじみの中でも一番のしっかり者で、学校では生徒会長をしている。
父親を亡くしてからは、母と小さな妹を支えている。

他の出演作:
「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~ 」
「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ」

スタッフ

演出:シン・ウォンホ「応答せよ1994」「応答せよ1997」
脚本:イ・ウジョン「応答せよ1994」「応答せよ1997」

DVD

DVD-BOX1

2017年3月2日(木)発売
7枚組
第1回~第14回収録
KEDV-0554
価格:17,500円(本体)+税

封入特典:ストーリーブック

DVD-BOX2

2017年4月4日(火)発売予定
7枚組
第15回~第28回収録
KEDV-0555
価格:17,500円(本体)+税

封入特典:ストーリーブック

DVD-BOX3

2017年5月2日(火)発売予定
7枚組
第29回~第42回(完)収録
KEDV-0556
価格:17,500円(本体)+税

封入特典:ストーリーブック
特典映像:ビハインドストーリー、パク・ボゴムインタビュー

<BOX3特典映像 詳細>
●ビハインドストーリー(37分)
[キャスト顔合わせ、台本読み合わせ、メイキング、NGシーン、ほか]
●パク・ボゴム インタビュー(15分)

発売元:コンテンツセブン
販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

原題:応答せよ1988/2015年/全42回(日本編集版)/各話約40分
(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved.

※発売日・仕様等、変更になる場合がございます。